FC2ブログ

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

戦後



お盆も過ぎてしまいました。
13日から今日16日まで、会社はお盆休暇にさせて頂きました。
お盆行事などもあり、あっという間に4日間は過ぎてしまいました。
ずっと家にいたり、買い物等で過ごしていました。
本当に日頃のバタバタが嘘のようで、のんびりとした日々を過ごさせて
頂きました。

昨日は終戦記念日で、戦後68年経ちますが、中国韓国などの国とは
未だ戦争の清算は終わっていないとの報道を受けると、日本人として
複雑な思いがあります。

何年前でしたか、中国の上海から新幹線に乗り、南京を訪ねたことが
ありました。
実際に南京事件はあったのか、またどんな街なのかを見られたらいいな、
の思いからでした。
その時、記念館は工事中で、中に入れなかったのですが、外のブロンズ像
は、全て一方的に日本兵の蛮行を表現していました。
街の公園では、戦争での銃弾の跡が刻み込まれた、工作物がいたる所に
保存されていたことを、今、記憶の瞼に浮かびました。
その史実の実際は私などには全く判断できません。
しかしながら、多くの日本兵と中国人とが対峙していたことは明白でした。

辛い記憶は忘れ去りたいものですが、平和な日本の今を作るのに多くの
先人が、血を流したのかを思いやると、涙が出てきます。

また、私たちは韓国の人は、いつまでも日本に対して文句・言いがかり
ばかり言うのだろうと思いますが、その裏には200万とも300万人
ともいわれる韓国人が強制的に日本に連れてこられ、重労働等を強いられた
史実が伏線にあること、きっと間違いがないのでしょう。

そんなことを思っていながら、YAHOOの記事を読んでいたところ、自然に
半分読みだった、渡辺淳一さんの「瓦礫の中の幸福論」を今日もう一度
読み直してみました。

渡辺淳一さんの瓦礫の中の幸福論


戦禍のなかった北海道で敗戦を迎え、進駐軍を見ての感慨。生きるために
闇市での思い出。そして、炭鉱町での朝鮮人の姿。そして医者をめざし、
成長していきながら、人間の根源を見つめるという、体験からの戦後論。
絶望が希望に変わる瞬間を今日読みました。

人間の性(さが)とは何かを考えるよい機会でした。

また明日から頑張ろう!!

  
   
スポンサーサイト

斎藤一人さんからの 「幸せ」 について

ようこそ本日もこのブログにお越しくださいました。
心からの歓迎を申しあげます。 はい。

さて、昨日の続きです。
斎藤一人さんの本 「500年たってもいい話」 (PHP研究所刊) からの話です。


  500年たってもいい話

著者の斎藤一人さんをご存知でしたか?
私は本を買うまで全く知りませんでした。
1948年生まれの61歳の方です。
1993年から2004年まで高額納税者の発表があった間全国で連続10位以内ランクイン
1位も2回、事業所得生涯累積納税額も日本一。と雲の上の人です。
ひょっとして嘘かまやかしかと思い(?)ネット上のウィキペディアでも確認しましたが、
その通りでした。
凄い人がいるものですね。

この本を読まれた方もお見えだとは思いますが、私が読んだ感想では神がかり的な
人ではなく、夢と人を信じるヒューマンスピリット豊かな人でした。
私は特に以下の 「どうしたら幸せになれますか?」に対する答えがとっても記憶に
残り、紹介させて頂きます。(文章はアレンジや省略しているところもあります。)

⇒ 『今が最高に幸せ』 と考える。そうすると、幸せの波動に入る。

『今が幸せ』 と思うには
 ・今日はいろいろな人に会えて幸せだ   とか
 ・今日も働けて幸せだ             とか
 ・今日も酒が飲めて幸せだ          とか
もっと身近に
 ・今日も御飯が食べられた          とか
 ・今日もう○こが出た             などなど

幸せというのは、待っててくるものじゃない。
自分から幸せにならなくちゃいけない。
幸せとは気付くものなの。
だれかが来て幸せにしてくれるのじゃないの。
幸せになるコツというのは、
「こうなったら幸せ」 「ああなったら幸せ」 じゃないの。
まずは、今の現状を何も変えずに、幸せと思うこと。
そうすると現状が変わってくる。たちまち幸せになってくる。

『幸せ幸せ』って言っていると
不幸なんか簡単にやっつけられるよ。
 

== 『幸せ』 はものでなく、感じることだ == そうです。
私は斎藤さんの言う、幸せの定義を納得させて頂きました。

毎日、いろんな事がおきますよね。
どんな時も、今、自分はとても幸せ。 と、思うだけですごくユトリ感が出てきます。
これなんでしょうね。真髄は、きっと。

『私は今とっても幸せです。』 宣言してしまいました!!

最近もう一冊読んでいます。
『斎藤一人の絶対成功する千回の法則』 (講談社刊)では、もっともっといろんな
シーンでの「心の持ちよう」について、書かれています。
是非お読みになってください。

そして皆で 絶対に 『もっと幸せに』 なりましょう。




カレンダーもあと2枚のみ

月日の経つのは早いものです。
本日が菊花咲く11月文化の日ということで、秋本番となってきました。
本日は祝日ということで、電話はじめ来客も少なくちょっとのんびりして
デスクワークに励むことができました。(本当ですよ。)

その中で、私が関係する地元に長く住む人たち81人で構成する
「八ツ屋地主会」 という少しレトロの香りの名の会があります。
たまたま、私が会報作成係ということで、毎月月末に会報をバタバタと
作っています。書き始めてもう間もなく満6年になります。
== 誰か変わってください!心からの願いです!!==

月が変わってしまい、いよいよピンチ。
今月号は何を書こうか!?
と、悩むばかりでちっともキーボードをたたけません。
本当に新聞や雑誌の記者さんはじめ、筆をとる人は「スゴイ」といつも感心するばかりです。

エィ! 今月は最近読んだ本から思った事を書こう! と、安直な手を打つことにして、
方針を決めた次第です。
皆様方で、私のような係をしている人はいませんでしょうか?
もしお見えでしたなら、テーマ作成のヒントをお与えください。
何卒よろしくお願いします。心からです!!

そうそう今月のテーマは、斎藤一人さんに決めました。
本当に斎藤さんの本を読んでいると、落ち着き頑張ろうという気になります。
今日のブログは既にダラダラの文章になってしまっているので、今回はココマデ。
乞、ご期待。次回のお楽しみということで、もしどんなかな?と、きとくな方がいらっしゃったら、
またこのブログをお尋ねください。

また、お会いしましょう!!
まったく私は意味不明ですね。お許しくださいませ!!


笑顔 がクスリ

9月もいよいよ今日を残すだけ。
今月もなかなか更新が出来ず反省!!です。

先程までテレビで 「ガイアの夜明け」 を見ていました。
今夜のテーマは『笑』でした。
吉本興業の笑いビジネスに始まり、脳神経外科の笑いによる治療などが
紹介されていました。

ホント! 笑いは体には、薬よりよく効くようですね。
商売にも健康にも。
歯をしっかり見せての満面の笑みを見せられて、世の中誰一人腹の立つ人は
いないよね。
会社内でも、朝礼時挨拶トレーニングの言葉の後にハッピーの言葉を付けて、毎日々々
笑顔が自然に浮かび歯が光るよう、練習しています。
しまった!? これは、社外極秘事項でした。(笑)

笑いは人間関係での潤滑油ですよね。
同時に笑うことで体内にNK細胞が増殖され、がん細胞をもやっつけるとのこと!!
「笑う病人の方が健康と自称する人より長生きをする人が多い。」
そう言って、以前大府商工会議所の支部講演会でとても楽しくお話を戴いた、
日本笑い学会副会長・医師の昇 幹夫先生の話を今夜は思い出しました。

 ジャ~ン  今日はこのブログを読んでくれた人特別5人の方に、
昇 幹夫さんのサイン入り著書 

「笑顔がクスリ」 笑いが心と体を強くする  の本を贈呈したいと思います。
   
  楽しい本ですよ!!


ここでいっぱいの笑顔  に出会えると、私もまた、マンガンの笑顔でいられるというものです。
是非、当社のHP から お昇りさんのいや、『昇りさんの本希望』。社長ダイアリーで読んだ送って欲しい!
と、住所・氏名・年齢を書いて希望をお伝えください。
但し、先着5名ですので、その点ヨロシクお願いします。
私は、常日頃座右の銘としている本なんです。

信じる者が救われる  ですよ。

子供たちは夏休みに入りましたね。

7月もアッと言う間に20日を過ぎてしまいました。
世間は3連休でしたが、皆様は如何お過ごしでしたでしょうか 
子供たちには待ちに待った、夏休みも始まりました。
大人の世界では、もう休みはいらない 
仕事が欲しい 
といった大合唱が、いたる所から聞こえてきます。
本当に、一刻も早く経済環境が好転することを願うばかりですね

この3連休、私は感動ハウスの展示場の特別分譲イベントを開催させて頂いた事や、
6月中にまとめなければいけない資料作りなどのため、事務所にて静かに過ごして
おりました。そして合間をぬって1冊の本を読みました。
それは加賀屋克美さん著の
ディズニーランドが教えてくれた 「お客様を大切に想う気持ち」という本でした。

  加賀屋さんの本です。


私は以前から、ディズニーランドという夢の空間と、そこで働くキャストの思いがとても
清々しくて、事あるたびに話題を社内提起していました。
当社には平成22年4月に入社内定している、期待の星である学生が2名います。彼らにも
舞台裏の感動ストーリーを知ってもらおうと、今回はこの本を一足先に先に読ませていただいた
次第です。

今、映画では「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が話題になっており、ハリーの魔法で魅せられ
ています。とっても面白い内容のようですね。是非映画館で見たいと思います。

D.Lでは子供から大人までがまるで魔法をかけられたかのように、皆が笑顔いっぱいになる。
何度も何度も訪れても、その魔法の効力は強くなっても、弱くならない。
何故なんでしょう 

きっと、キャスト全員がタイトルにある 「お客様を大切に想う気持ち」 で、満ち溢れているから
でしょう。
お客様オリジナルストーリーが繰り広げられる。
この夏休みもきっと、子供たちばかりでなく大人までも、感動の笑顔でいっぱいになる
のでしょうね。
社員全員はもとより、「お客様と心からの笑顔でのお付き合い」
をさせて戴きたいと想いました。

会社で、笑顔の合言葉があります。

「ミッキー・ラッキー・ハッピィ」です。皆様もこの呪文を唱えてください。

会社では、この呪文で皆がとっても ハッピィ になっているんですよ。
皆様も是非、
「ミッキー・ラッキー・ハッピィ」と何度も何度も言って下さい。
皆、幸せになりますよ 



 | ホーム |  » page top