プロフィール

ケイ

Author:ケイ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

京都の五山送り火



今年もお盆が過ぎ、月日が矢の如く進んでいます。
この夏のオリンピックも熱戦が続き、日本選手の活躍が私たちを元気にさせて
くれています。
大府に所縁のある選手たちの活躍もいよいよ今晩から本番です。レスリング
女子の吉田選手や伊調選手。そして登坂絵莉選手の初陣。結果がとても楽しみです。

そんな中、お盆も過ぎました。昨夜はBSのNHKテレビで、強い雨が降る京都の
五山送り火の放送を興味深く見させて頂きました。
昔、何度か食事をしながら、午後8時の時を待ちこがれ、時報と共に「大」の字の点火。
そして5分毎間を置き順番に、「妙・法」、「船形」、「左大文字」、そして最後に108ツの
火床を燃す「鳥居形」を点火する頃、ビールも回り、この世のことかと一瞬我を忘れる
夢心地で、夏の風物詩を見ていたことを思い出していました。

昨夜は台風の影響でしょう、京都は地を打ちつける雨で、行事に携わっていた多くの
方々にはたくさんのご苦労が与えたことと思います。その思いをもテレビ中継で、
初めて皆様が力を合わせ決まり通り、順次点火していく光景を見ることができました。

亡くなった方の霊を河岸に送るという、古から続く盆行事。遠く離れたこの地からも、
また目を瞑っていても、その光景が目に浮かびます。

まだまだ残暑が厳しい時節ですが、日本人の夢と誇りを胸に、オリンピックの
代表選手に負けない心意気を持つと共に、解散することになったSMAPの歌ではありませんが、
一人一人の輝く色を持ったメダルをゲットできるよう、これからも頑張ろうと思った次第です。

参考までに京都観光協会のHPの五山送り火のご案内ページです。https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/
スポンサーサイト

人生は足し算か、引き算か!?



私はNHKの朝ドラを見るのが日常となっています。
今、「花子とアン」 を放送
していますが、6月13日の放送で、はなが大好きだったおじぃやんとの別れから
 「人生は足し算と思っていたが、実は引き算ではないか!?」
という台詞がありました。

私はふと、この台詞で今までの人生を考えてしまいました。
60年も年輪を重ねると、刺激も感じにくくなり、いろいろなことに対して鈍感に
なっている気がする時があります。

人生で関わる人との出会いは、名刺の数ではありませんが、
ありがたくどんどんと増えます。本当に多くの方々にお世話になって生きていることを
実感します。
しかしながら、お世話になった方との別れもこの娑婆、突然やってきます。これも避ける
ことが出来ません。

今月もいろいろな所に出かけさせて頂きました。
先月末から6月3日まで、協力会社の皆さんや社員と一緒に広島・山口に行かさせて
頂きました。
厳島神社のある宮島では、平清盛公を思い1000年の時代を感じてきました。

 宮島・厳島神社


そして広島の平和記念公園で痛々しい原爆の被害を目の当たりにして、今の平和の尊さを
心から願い、二度と戦争のない世界を願いました。

 広島平和公園と原爆ドーム


岩国・錦帯橋の近くの
吉香公園の花菖蒲は訪れる人の心を和ませていました。

錦帯橋 吉香公園の花菖蒲


そして秋芳洞の鍾乳石や秋芳洞中をごうごうと流れる地下水は百万年ももっとそれ以前に
雨からのものかなどと、悠久の時を考えました。


秋芳洞の出入り口



洞から外に地下水が流れ出る光景は現世のものとは何故か思えなかったです。

人生の長さは、地球規模で見たら、毎年春に咲く 桜の花と同じ
時ほども地球時間的にはないでしょう。
人生は短いからこそ、本当に自分の一生は 「こころ豊か」 で充実して楽しく過ごせたと振り返りたい
ものです。

人生は足し算、それとも引き算!?

きっとどちらでもあり、またないものなのでしょうね。尤も私などの出たとこ勝負の人間には
語る資格は全くないのでしょうが………・。


皆様はどう思われますか?

続きを読む »

10月10日はいつも晴れ

今日は10月13日ですが、私は前回の東京1964年のオリンピック開催以後ずっと気にして
いることがあります。
それは、「開会初日であった10月10日は晴れが多い。」
というデータを聞いて今年はどうかな!?と、空を見ながらチェックしています。

結果:今年も

同日私は会社が加盟し、いつも勉強させて頂いている山形の感動ハウス本部での、
加盟全社が集まっての10月月例会議に社員2名と共に出かけました。
今回も会社運営や、現在の全国の営業環境等について、終日勉強させて頂きました。

山形は心配した台風24号の影響も全くなく、暑くも爽やかな秋の1日でした。
昼には参加者全員に秋の収穫で採れた、新鮮な里芋や米沢牛(!?)入りの美味しい
芋煮のふるまいがあり、お腹いっぱい、大満足で会議は頭・お腹とも大収穫でした。

いつもの予定通り、前日17時のセントレア発のANAでこちらに到着し、当日は
19時10分仙台空港発の便を利用し往復させて頂きましたが、今回はいつもと違う
ことに遭遇したことを報告させて頂きたいと思います。

今回は往復便共、ANAウィングスのボンバルディア製 DHC8-Q400(74席)
が搭乗機でした。

ANAボンバルディア機


飛行中、操縦士から飛行状況や、到着地の様子などコックピットからの様子のアナウンスが
ありますが、今回女性の優しい声が聞こえてくるではありませんか。
私は何故か驚き、早速CAに「この機は女性機長が操縦しているのですか!?」と聞き、
CAは「素敵な女性機長ですよ!」とのこと。
私「何歳くらいの方?」
CA「声の通り、お若い方ですよ!」
私「初めての女性機長の飛行機に搭乗したよ!」
CA「ANAウィングスでも一人か二人しかいないと思う」

というような会話をしてたと思ったら定刻より早く、あっという間に静かにセントレア
到着。
移動は機のすぐ横につけた、バスだったので僅かの時間しかなく、写真を撮ることは
叶わなかったのですが、長い髪を束ねた素敵な女性で仕事師が機長席に座っていました。

男も女もない時代になりましたが、アベノミクス3本の矢で敢えて語るまでもなく、
民間投資を喚起する成長戦略のひとつ「女性が輝く日本」づくりは、もっともっと
日本を元気にさせる手段だと改めて感じた次第です。

私たちの世代も「健康長寿社会」から創造される成長産業づくりの、間接的な担い手
として、元気に頑張りたいです。

夜でしたが、私の心は気持ちのいい一色でした。









大連の朝


今年の七夕は中国の大連で迎えました。
中国にはこの数年毎年何度か出かけておりますが、行く度に躍動感みなぎる
中国には驚くばかりです。
今回の大連でも相変わらず街のいたる所で、高層ビル建設ラッシュが続いています。
50階規模の建物がニョキニョキ状態です。日本の多くの人が予想する
「中国の不動産バブル」破裂の日は今に・・と、言われて久しいですが、
見る限り、現地ではどこ吹く風状態です。

  スイッシュホテルから大連駅を望む

現地の建材業者の宋さん曰く、「ちょっとスピードがゆっくりと落ちてきている。
でも、大連では地下鉄建設などのインフラ整備、開発区の企業による工場新設ラッシュ
も続いている。まだまだ元気だよ。」ということでした。
確かちょっと前にも、日産が大連で中国新工場を立ち上げるというニュースがあった
ところでした。
また、日経ビジネスの7.2号の中に以前同じく大連でお会いし、案内をして頂いた、
パナソニックエコソリューションズ社の中国・東北アジア営業部長の川口雅巳さん
の中国での市場戦略の報告紹介記事が掲載されていました。

  日経ビジネス2012.7.2中国でのPanasonic市場戦略紹介記事

国土総面積960万㎡人口13億人の広大な市場での攻略を図る川口さんの熱い想いと
人柄を思い出しました。
新生パナソニックの輝ける星は、人間ブルドーザーのごとく強力なパワーで中国を
切り拓く姿は颯爽としていました。
私は、一期一会の出会いがあって、ここまで生かさせて頂きました。
今日改めてブログを書く中で、中国そして川口さんのパワーを貰い「元気モード」
になりました。

9日月曜日の朝、勝利広場前にマイカル大連のデパートがあるのですが、
店員さんたちが本当に真剣に挨拶とお辞儀のチェックをしている光景が目に
焼きつきました。

  マイカル大連の朝礼風景


声の大きさ、発声の仕方、お辞儀の角度などなどそれはそれは厳しく練習・チェック
していました。
ここにも日本のサービスを見習い、超えようとする決意を見た想いがしました。

とりとめもなく大連の最近の光景を紹介させて頂きました。

そうそう、私は60を前に最近疲れ気味なんですが、いつもの健康治療院でのマッサージ
を今回2回もしてもらい、またまた元気になったこと。それと、大好きな海鮮屋さんで
頂いたかにや鮑料理でますます絶好調になったことを内緒で報告していきます。


旭川・株式会社カワムラ様に訪問させて頂きました。

9月15日誕生日当日、登別から札幌に戻り、札幌全日空ホテルで
お世話になりました。

丁度、18日まで開かれている、札幌カントリー倶楽部 輪厚コース
でのANAオープンゴルフトーナメント初日ということで、
ホテルのロビーは華やかな雰囲気の中、予選ラウンド結果が掲示
されていました。

夕方に仕事仲間と合流ということで、私はそれまでゆっくり
市内散策と決め込みました。

いつも車窓だけであった、今回は札幌の名所の一つで、今も正確に
時を刻む、クラーク博士ゆかりの札幌市時計台にもゆっくりと訪問
することが出来ました。

札幌市時計台

1階には、北海道農学校出身の新渡戸稲造や内村鑑三などの紹介。
2階には演武場とアメリカ製の振り子時計が作動している状況など
がゆっくり見られました。

その後、花の咲き誇る大通公園などをゆっくり散歩しながら、
私の誕生日であった、メモリアルな1日は過ぎて行きました。
(夜はすすきのに中1日で再度登板させて頂き、仲間との
乾杯乾杯でちょっとだけ飲みすぎてしまいました。)

さて翌16日。後半戦のメインイベント、旭川の
「株式会社カワムラ」さんに昼過ぎに到着。

早速株式会社カワムラさんで事業概要や、現在取り組んでおられる、
課題などについて説明や質疑をさせて頂きました。
北の旭川No.1の同社は、当社と同様な営業内容で、現在
営業展開されている手法等、とても勉強になりました。

カワムラさんでは、『お役立ち営業』で地域のお客様との
信頼関係の強化をはかってみえます。
『お客様との絆をより太くしよう。』がキーワードでした。
その絆は毎年の新築・リフォーム博では、毎回6,000人の
ご来場を頂くとの事。さすがの会社です。

s-CIMG2632.jpg

s-CIMG2629.jpg


当社でも11月開催の『シンセイふれあいフェスティバル』
では、毎回300組以上の多くのOBのお客様や地域の方
にご来場頂いております。本当に感謝感謝で毎年楽しみに
しながら、設営させていただいています。

この度、カワムラさんで勉強させていただいた事を大いに参考
にさせて頂きながら、私共も地域のお客様と切っても
切れない関係を築いていきたいと固い決意を改めてさせて
頂いた次第です。

また、新築現場においても在来工法でありながら、徹底的な
合理化を図り、出来る限り現場作業を減らし、あらかじめ工場
において材料加工し、省力化している姿勢などとても参考に
なりました。

s-CIMG2594.jpg

s-CIMG2593.jpg


シンセイ建設・リファインおおぶも、お客様の快適・満足追求の
ため、これからも社員一同と共に学び続けて参ります。

改めて、どうぞよろしくお願い申し上げます。






 | ホーム |  » page top