FC2ブログ

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

今年も 、大府シティ健康マラソンに参加させていただきました!

11月第2日曜日の9日、本当に楽しみにしていた(!?)大府のマラソン大会がありました。

出走時間前に、雨が降り始めましたが、ここは前向きに暑くなくていいや(!!)位の

のりで、我らリファインおおぶチーム総勢22名、今年も大府の街を駆け抜け(???)

ました。

先ずは、出走者・応援団おそろいのシャツでの記念写真!!

記念写真

ジツダヤの友松社長、Panasonic名古屋住建の山田所長、そして私とで 「気合だ!気合だ!」

の 3ショット

気合の 3ショット

その後、いざ出陣!!

会場は、6000人近い出走者で、スゴイ熱気で、参加者のボルテージは爆発寸前。

10時のクォーターマラソンの号砲。

Panasonicの所長そして歴戦の強者の諌山課長はじめ若手の10余名が満を持して出走。

そして10時20分にはミニマラソンの5kmが始まりました。

私は勿論この5kmクラス。去年より少しでも頑張ろうと気持ちだけは奮い立たせ、特製ごみ袋

合羽に身を包ませ、走り始めました!!

s-IMG_5987.jpg

いざ走り始めると、予想通り普段の不摂生が心臓を直撃。ライバルのジツダヤ勝木部長と抜きつ抜かれつ。

そして35分8秒で、同着で見事(?)完走させていただきました。

GOAL直前の勝木さんと私


完走証


去年より実に15秒も(?)タイム改善。歳を取って、若くなった証拠を発見!!

そんなこんなで、出走者全員が完走し、その後の反省会は実に盛り上がり、笑顔笑顔で

楽しくもとても辛かった1日を振り返った次第です。

来年はもっとパワーアップして、健康でマラソンを楽しもうと、皆で誓い合いました。



そして、今度の11月16日の日曜日はいよいよ 「シンセイふれあいフェスティバル」

今回のマラソン大会でも発揮したチームワークで、必ずご来場の皆様に喜んでもらいます。

今のところ、上天気で当日を迎えられそうです。

乞うご期待。

是非是非11月16日(日)はシンセイ建設・リファインおおぶまでお越しください!!

協力会社の仲間、来春の新入社員まで60余人そろって、日頃格別にお世話になっている

地域の皆様を心から歓迎させて頂きます。

会場でお会いできる時を今からとってもとっても、心待ちに致しております!!!!

いつも本当にありがとうございます。





スポンサーサイト

LEADERS

3月22日(土)、23日(日)久しぶりに2日間連続して「LEADERS」
というタイトルのテレビドラマを見て感動しました。

ドラマでは佐藤浩市扮する「愛知佐一郎 = 豊田喜一郎」さんの国産自動車
生産にかける苦闘を描いたものでした。
見ながら久しぶりにティッシュ箱が空になるほど涙を流しました。

私は以前、豊田自動織機顧問の 磯谷智生氏による
「 TPS による ものづくりで人づくり・体質づくり 」
 というタイトルでトヨタイズムを聞かせて頂いたことがありました。

TPS トヨタ生産方式 全員参加の生産方式 徹底的に徹する生産方式

1.お客様が要求するものを
  お客様が満足する品質・原価・納期で
  届ける
2.そのためのあるべき姿へ
  全員が日々改善し続ける
 ( 人づくりと体質づくり )

を詳しく話して頂いたことを思い出し、過去資料をみつけ改めて読ませて
頂きました。

世界のトヨタの神髄は、皆で考え行動する。
ジャストインタイム ⇒ ジャストインタイムの深化 カンバン方式
ムダ・ムラ・ムリ・ゼロの精神

有名な仕組みは1933年の自動車生産創業時から始まっていることを今回
改めて知りました。

私共は家づくりをさせて頂いております。
多くのお客様にとって一生で一度の人生最大のお買い物。
お客様の期待以上の住宅を提供させて頂き、お客様から建ててよかった!
選んでよかった!と、お客様に言って頂けることを目標にしております。

私たちも家という「もの」を一生懸命に作っています。
ドラマを見ながら、佐藤浩市が語る

〇 誰もができることなんて意味がない。
  誰もができないことだから夢があるじゃないか!

〇 困難な時こそ、大きな夢を持とう!

を聞いた時こそ、改めて自分自身がリセットされた瞬間でした。
これからも良い家をつくるため、もっともっと情熱を傾け頑張ろうと
固い決意を抱きました。社内一丸となって頑張っていきます。

最後に 現在の『豊田綱領』を目にし、豊田喜一郎さんというLEADERの
想いを見、トヨタ発展の原動力に敬服しました。

一、上下一致、至誠業務に服し、産業報国の実を拳ぐべし
一、研究と創造に心を致し、常に時流に先んずべし
一、華美を戒め、質実剛健たるべし
一、温情友愛の精神を発揮し、家庭的美風を作興すべし
一、神仏を尊崇し、報恩感謝の生活を為すべし

TPSの理念は次の言葉だそうです。

  あるべき姿を目指して 全員がこだわってやり抜く

やり遂げることですね。 ヨ~シ!!!!!




2013 大府シティ健康マラソン大会


とうとう11月10日の日曜日を迎えてしまいました。私たちが住み仕事をしている大府市で、
エントリーしていた第28回目になる大府シティ健康マラソン大会が雨のなか開催されました。

今回は  シンセイ建設リファインおおぶの勇士 + ジツダヤ社長率いる精鋭そして、Panasonic中部住建古賀部長、山田名古屋営業所長等の強者
出走者全員での記念写真、ハイポーズ

出走前の友松社長と古賀部長と3ショット

10.549kmのクオーターマラソン、5kmのミニマラソンと分かれ、グリーンのリファイン
軍団が雨の大府の街を風になり、走り(?)抜けた姿は評判に
沿道からもリファイン頑張れ!!と、声をかけて頂いたりで、我ら軍団は全員が完走できました
今回、10kmを走る選手のために、当社も地元の商業組合の方と共に我らリファインの
ウオンバット君と当社スタッフたちが、選手激励と、給水ポイントで大会史上初めてだったようですが、水の
サービスをし、好評を得ました。

地元の商業組合の方と給水ポイントの水サービス



私も初めて5kmに参加させて頂き、不安いっぱいでしたが、ジツダヤの友松社長が全区間一緒に励ましてくれ
ながら走って頂いたので、当社の何人かの若い社員より早く走れました。本当ですよ

ちゃんと走った証の完走証


そんなこんなで、ろくな練習もせず、道中辛かったですが、何とか皆様に迷惑をかけないで私はじめ今回の
25人が完走出来たこと、本当に嬉しかったです。涙でした。
2日経ち、相変わらず体の節々が痛いのですが、今回の経験、生涯忘れられない良い思い出になりました。

この機会を積極的にご支援頂いた古賀部長、ジツダヤ友松社長、そして3社の仲間たち。
そして、このマラソン大会を設営頂いた大府市の関係者や多くのボランティアの方たちに心から
感謝致します。

来週の17日の日曜日は当社の「第12回シンセイふれあいフェスティバル」を開かせて
頂きます。心一つにした仲間たちが、お世話になっている地域の多くの皆様をお迎えさせて頂きます。
私たちのチームと一緒に秋の1日を是非お過ごしくださいませ。

お会いできることを楽しみに致しております。

アルジェリア人質事件


1月16日に発生したアルジェリアでの人質事件は日揮の10人もの
日本人が犠牲になったことは無念の極みです。
本当にアルカイダの行動は、信じられないことです。
心よりお悔やみを申し上げたいと思います。

私は30年も以前のゼネコン勤務時代、友人がサウジアラビアで、プラント新設
プロジェクトに参画するために転勤したという話しを聞き、その後任務が終了し
帰国話しでの彼の経験談を思いだしました。
廻りに砂漠意外何もないところで、考えの全く違うアラブなどの人たちと一緒に
物を形にする仕事をする時の想い、そして「使命感」を篤く語っていたことを
です。

私はそんな海外での経験がないので、全く想像がつかなかったのですが、今回の
事件で中東での工事の内容等を聞くと、彼の言っていた真実の一端を見た思いが
しました。
日本国内にいて、その中で仕事をしている限り、日本の安全と常識というかごの
中での生活が出来るでしょう。

しかし、一歩外国の地を踏めば、全く違った価値観の世界に身を投じることに
なる訳です。私が言うまでもなく、日本は貿易立国であり、外の世界で稼がないと
食料も資源も何も買えない国なんですよね。

従って、私たちの出来ることとして、少しでもお客様の財産である住まい「家」が
丈夫で長持ちし、冬暖かくって、夏涼しいという「快適な家」を造り、お届け
することです。そして家を省エネ長寿命化させることが大きな使命であります。

改めて今後も社員一同一生懸命、お客様とご一緒に「感動する住まい造り」
をするという本分を全うしてまいります。

どうぞよろしくお願いします。

スティーブ・ジョブズ氏急逝に思う。

アメリカのアップル社創業者、スティーブ・ジョブズ氏が5日56歳
で亡くなられた、と本日報道されました。
アップル社を世界一の時価総額会社に築き上げた男の死。


スティーブ・ジョブズの追悼PCや業績紹介の本類



ITと門外漢な私ですが、心から急逝を残念に思い、彼のたぐい
まれな業績に心から敬意を示す、同世代の男です。

私は若い頃、芸術家が好むといわれた、マッキントッシュ(マック)
ブランドのリンゴマークのパソコンを買う買わないで、悩んだ青年時代。
そして、マイクロソフトに敗れた失意の後、96年に復活した後のヒットの
たて続きをびっくりして見続けていた私でした。

携帯IPodの発売は、私の人生観を変えた、と言うと大げさですが、
多くの友人たちにネットのアップルストアで買ったばかりのその
かっこいいデザインの IPod nano の凄さについて、話しまくった
記憶があります。

そして、その後が驚いた。
コンビニで買ったItuneカードで、インターネットから
直接ダウンロードしての音楽CDの直接取り込みが2003年だった
らしい。
何千曲ものデータが、軽くて小さなプレーヤーから聞けたこと。

そして、今や携帯電話の新規販売 3分の2を売るといわれている
スマートフォンIPhone(2007年)の販売。
新し物好きの私は他社のアンドロイド(アップルと係争中の
韓国サムスン製)でしたが、早速購入。
しかしこれについては、まだ機能の何分の1しか使えていない
現状ですが・・・。

そして昨今では、多くの営業マンが持ち歩く IPad の発売。
カタログフリーになった瞬間でしたね。

こうも時代を変える男はかつてこの世界に存在してただろうか?

彼を賛美する声はかつて聞いたことのないほど、世界中から報道
されています。

オバマ大統領が
『全ての人の世界の見方を変えた。人類史上最もまれな功績
を残した。』 
とたたえたと聞きました。

私は、先日『スティーブ・ジョブズ 人々を惹きつける18の法則
脅威のプレゼン』という本を買ったばかりでした。

かっこよく黒のセーターとジーンズ姿で、製品をプレゼンする姿
は実に絵になってました。

私は本の帯に紹介されていた、
『プレゼンも人生も情熱が重要だと実感。元気になれた。』
という読者の言葉が、彼からの最大のプレゼンだった様に
感じたしだいでした。

私は彼の何十、何百分の1以下かもしれませんが、その情熱を吸収し
社員・お客様・地域の皆様にお役に立っている。と、言ってもらえる
べく、今後も精進したいと思った今日1日でした。


 | ホーム |  » page top