FC2ブログ

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

鵜飼を見てきました。


8月20日(木)の晩に、何年ぶりかで岐阜長良川の鵜飼を見てきました。
今回は大府ライオンズクラブの家族例会ということで、いつもの例会とは趣を変え
家族の温かさを感じた会でした。
午後4時過ぎに大府を出発し、午後6時半頃に風流屋形船の待つ河畔に到着しました。
  
  長良川河畔鵜飼乗船場前で

  
黄昏時となり、心は早く船に乗りビールを飲みたいばかり状態。
午後6時50分いよいよ船出。水面に何とも爽やかな風が吹き込みます。
大きな鮎の塩焼きが存在感を持つ弁当に舌鼓を打ち、船内はカンパ~イ 
の賑やかな声で、目的は何だったか忘れるほどの騒ぎ。
気心知れた仲間達と飲む酒は格別でした。
おじさん達がどら声で長良川艶歌をうなっています。

そんなこんなで騒ぐ内、時は7時半。暗くなってきました。
中洲での花火遊びもそろそろ飽きる頃、ド~ンと打ち上げ花火が上がりました。
いよいよ鵜飼の始まりでした。
詳細は、私がグダグダ書くより 長良川鵜飼のHP
をご覧になって下さい。

6人の鵜匠さんが鵜船に乗り、パチパチと燃え盛る『松割木』の明かりが近くに来て、鵜の鮎追い
も間近で繰り広げられます。

  CIMG8043_convert_20090822150417.jpg


下手な真っ暗の写真で訳がわからないですね。

話しは少し脱線しますが、山でのキャンプもとても楽しいし最高ですよね。
共通するのは『火』ですね。キャンプファイヤーの火を見ると、心が燃えますね。
そして、火を見ることでドラマが始まることも多いと聞きます。
今、判りました。「火遊び」と言う言葉は、どこでも人をワクワクさせることだったのですね。

鵜飼に話を戻します。
そして、私たちの乗る観覧舟も一緒に川を下っていきます。
いよいよクライマックス。『総がらみ』というそうですが、6隻の鵜舟が1列横隊になって
鵜匠と鵜が鮎を追いかけて行く光景が壮観でした。

そんなこんなで鵜飼を楽しみました。
鵜の戦利品の鮎を下船前に、船頭さんから見せてもらいました。

  CIMG8045_convert_20090822145207.jpg

あんな真っ暗な川の中にいる鮎を、鵜はよくも見事にこんなに沢山捕まえられるものです。
本当にカンシ~ン  でした。鵜は凄いですね。

1300年も前から、この鵜飼の光景が繰り広げられていたそうです。
今回は鵜匠さんからの話を聞く時間がありませんでしたが、まるで子供を扱うように
眼の前で鵜を操る姿を見ながら、以前話を伺ったことを覚えています。
営々と受け続けられた鵜飼の伝統。その重さと今後も継承しようという、篤い鵜匠さんの想い。
私は、『固い』な、 と言われそうですが、『プロそして男』を感じた次第です。

心地よい風をうけた、今回の鵜飼見学例会は今年の夏の楽しい思い出の一つになりました。
今年も10月15日まで繰り広げられるそうです。
もし、ご覧になって見えない方がおみえでしたら、可愛い鵜を是非間近で見てください。
きっと新しい発見があること、請け合いです。


スポンサーサイト

太陽光はスゴイ

盆休みも終わり、昼間の暑さとは裏腹に、朝夕はめっきり秋の気配を感じるようになりましたね。
そうそう鈴虫も鳴き始めました、リンリンリンリンリ~ンリン♪って。
心が落ち着きます。
季節は確実に過ぎ去る夏から、秋のよそおいがすぐ近くまで近づいて来ているようです。

そんな中、今日は最近とても関心の高まっている太陽光発電システムについて、当社で取付け
させて頂いたばかりのお客様と今朝インタビュー(?)をさせて頂きましたので、早速その報告を
することにします。

共和町 O様
シャープの3.3KWシステムを採用して頂きました。
  200908190959001.jpg
  

  発電量を示しています。


奥様談
『暑いから曇って欲しいけど、お天気だけは晴れて欲しい。』
この気持ちとってもよくわかりました。
居間に設置したモニターからは、刻々と瞬間発電量が表示されています。
本日は朝方曇りにもかかわらず、2KW近い発電量を示していました。
6月はほとんど、オール電化の家なのに電気代がかからなかったそうです。
7月は雨が多く、さすがに発電量が低く梅雨明けを切望されたとの事でした。
さて8月の決算は如何に!?
同じモニターからCO2削減量も表示され、本当に地球環境に対して貢献しているという
実感が、しばらく見ているだけで感じられた次第です。

そして次にO様の家から100mも離れていない K様にも訪問させて頂きました。
K様のシステムは三菱製の3.7kWのシステムを採用して頂きました。

  CIMG8014_convert_20090820004907.jpg


  CIMG8013_convert_20090820004734.jpg


お出かけ前のお忙しい時でしたが、最近設置したばかりのピッカピッカのシステムです。

奥様談
太陽光発電システムは新築時からの夢でした。
3年前の新築時相談をしました。社長の私に『設置したいけど、どうなの?』って。
その時あなたは私にどう言ったか覚えている!?
「元が取れないから、止めたら」と、つれなく言ったんだとの事。
私は、『ガ~ン』状態でしたが、そこはすかさず、
『良かったでしょう。今で!』『国からと、地元大府市からで40万円近い補助金が出ることになったの
だから。』
『本当に良いタイミングだったね』って。
優しく微笑んでもらいました。
リモコンはこちらでも、2KW近く発電していることを示していました。

地球に優しく、家計に優しく、そして笑いがいっぱいと、このスタイルでこれから私共はどしどし
地域のお客様に、太陽の恵みをお届けさせて頂こうと思います。

今月も 新たにF様のお宅に設置させて頂きました。
また、微笑の輪が増えたことと思います。
とても、とても嬉しいことです。
そう地球もです  

久しぶりの再会と美味い酒



やっと長かった今年の梅雨が終わり、夏らしく暑くなってきました。
夏は暑くなくては話しになりませんね。


さてブログ久しぶりの今日は、家族のことについて書きます。
私には29歳の長男がいて、彼は可愛い嫁さんと兵庫県西宮市に住んでいます。
仕事は準大手ゼネコンに勤め、現在は高速道路の建設工事に従事しているようです。

昨夜、5月のGWの休み以来久しぶりに大府に戻ってきました。
そして、ケーブルテレビで放映していた東海市大池公園の花火を見ながら、
食卓で一緒にビールを飲み交わしました。
笑顔での帰郷で、4人で飲んだビールの味は久しぶりの格別な味でした。



早いもので、もう6年もの歳月が過ぎましたが、大学での就活中の話しを思い出しました。
彼は機械工学を学んでいたのですが、いわく「形の残る仕事がしたい。」
と言い、きっと親の仕事を意識していたのでしょうね。

私自身も親の背中をみて育ち、30歳を期に前田建設工業を辞し大府に戻って以来早25年
たちました。
彼も近く同じ道をたどることを決心したようです。

本当にありがたいことです。
お客様に恵まれ、こうしてこの地で親子3代に亘り建築業に携わることが出来て。
お客様のため一生懸命働いてくれる、たのもしい社員にも恵まれて。

私はこの先も、元気に大好きな家づくりの仕事をし続けたいと思います。
これからも、どうぞ変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。

感動の湯でした。

早くも8月になってしまいました。
本当に月日のたつのは早いものです。
しかしながら、今年の天気はどうなっているのでしょう。
普通なら今頃暑さで死んでいる頃なのに、雨ばかりでどうにもならないですね。
仕事の方も予定が大幅に狂い、工程の遅延ばかりでこの先が心配されます。
早く、夏らしくなって欲しいですね。

7月の末に山形感動ハウス本部での会議があり、那須に行く機会にも
恵まれました。
今日はその那須での一番の思い出を報告します。

会議ではない頭を使ったりして、疲れ果てていたものですが、疲れを本当に癒す温泉を
この那須でみつけたのです。
私はそもそも温泉好きで、機会があればいや気がつくと温泉に出かけ、健康的な汗を
かいています。
今回は那須温泉・元湯/鹿の湯 が最高の思い出スポットでした。
  
  鹿の湯の男湯の光景です。

41℃から42、43,44、そして46,最後は48℃までの6つの浴槽がありました。
写真では手前左から41℃で、一番奥の右が恐ろしい48℃の湯になっています。
地元の方も多く、毎日入っている方も多いということでした。温泉天国の地ですが、
究極の湯はここだと、本当に「アツク」語ってもらいました。
温泉成分は
泉質:酸性・含硫黄-硫酸塩温泉
(硫化水素型/酸性低張性高温泉)
泉温:59.0℃
ということですが、本当につるつるになる湯でした。
46℃の湯まで、制覇できました。
48℃のは、今回は挑戦の心構えが出来ませんでした。

地元の方から、この湯の浸かり方の伝授を受けました。

静かに湯につかり、決して熱いからといって、浴槽内ではバタバタしないこと。
どうしても熱ければ、手を湯から出し、バンザイをする。
そうすると、熱さから開放される。
そして3分頑張って入った後は、疲れ解消・気分爽快
とこの世の桃源郷(?)かと思う瞬間を体験が出来る、と。

信じるものが救われる。私が保証します。(!?)
もし、疲れている方(体だけでなく、心も)がみえたら、是非訪れてください。
必ず治癒します。
今日は400円で入浴で入れる別世界の一番のスペシャル報告でした。
鹿の湯HP


 | ホーム |  page top