プロフィール

ケイ

Author:ケイ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

笑顔 がクスリ

9月もいよいよ今日を残すだけ。
今月もなかなか更新が出来ず反省!!です。

先程までテレビで 「ガイアの夜明け」 を見ていました。
今夜のテーマは『笑』でした。
吉本興業の笑いビジネスに始まり、脳神経外科の笑いによる治療などが
紹介されていました。

ホント! 笑いは体には、薬よりよく効くようですね。
商売にも健康にも。
歯をしっかり見せての満面の笑みを見せられて、世の中誰一人腹の立つ人は
いないよね。
会社内でも、朝礼時挨拶トレーニングの言葉の後にハッピーの言葉を付けて、毎日々々
笑顔が自然に浮かび歯が光るよう、練習しています。
しまった!? これは、社外極秘事項でした。(笑)

笑いは人間関係での潤滑油ですよね。
同時に笑うことで体内にNK細胞が増殖され、がん細胞をもやっつけるとのこと!!
「笑う病人の方が健康と自称する人より長生きをする人が多い。」
そう言って、以前大府商工会議所の支部講演会でとても楽しくお話を戴いた、
日本笑い学会副会長・医師の昇 幹夫先生の話を今夜は思い出しました。

 ジャ~ン  今日はこのブログを読んでくれた人特別5人の方に、
昇 幹夫さんのサイン入り著書 

「笑顔がクスリ」 笑いが心と体を強くする  の本を贈呈したいと思います。
   
  楽しい本ですよ!!


ここでいっぱいの笑顔  に出会えると、私もまた、マンガンの笑顔でいられるというものです。
是非、当社のHP から お昇りさんのいや、『昇りさんの本希望』。社長ダイアリーで読んだ送って欲しい!
と、住所・氏名・年齢を書いて希望をお伝えください。
但し、先着5名ですので、その点ヨロシクお願いします。
私は、常日頃座右の銘としている本なんです。

信じる者が救われる  ですよ。
スポンサーサイト

中国アモイ事情

9月16日より中国アモイに出張しました。
今回のアモイ訪問の目的は、家具工場視察ならびに床材調査の目的でした。

  CIMG8162_convert_20090923134627.jpg


  CIMG8135_convert_20090923134743.jpg


当社では、ここ数年床材料については、ロシアや中国北部の黒竜江省方面
より仕入ていました。
野球のバットに使う堅木であるタモやならなどは、趣があってとても評判の良い
ムク板の床仕上げになりました。
私も大好きな樹種で、足ざわりの感覚共に自信を持ってお薦めしてきました。

ところが、残念ながらそれらの木、特にタモ材の床は現在製造先や原木入手の
都合で、当社の在庫も無くなってしまいました。
残すは、腰壁に貼る羽目板自然塗料塗のみとなってしまい、今後の対応を
急がねばならないところです。

今回、アモイは中国上海の南西、台湾と海峡を挟むロケーションに位置した人口
240万人余の街で海を望むとてもきれいな所です。
特に夜になるとビルや街のネオンが町中の海の入り江の水面に映えとても
幻想的な光景を見ることが出来ました。

今回の視察ではアモイ環華有限公司の祝社長や呉さんの案内の下、工場や
多種床材を見て回りました。

  CIMG8174_convert_20090923134931.jpg


今回は成約には至りませんでしたが、今後のビジネスの進展のための良い機会に
なりました。

国は違っていても、製品にかける情熱や想いは業界人として同じ感を持っていること
を確認した次第です。

これからも、オンリーワンの家づくりを目指して、広い視野を持って信頼されるシンセイ
建設であるように、常に目を輝かせていたいと思っています。


リファインおおぶのショールームが新しくなりました。

リファインおおぶ を開店させて頂き間もなく満12年になります。
月日の経つのはとっても早いものです。
開店以来暦の上で、牛がグルット一回りした訳ですから。
今回のSR設備のリニューアルが出来ましたのも、偏にお客様の
ご愛顧があったからこそと、あらためて私を含め社員一同共々
深く深く感謝を申し上げます。
本当にありがとうございます。


  店内住宅設備です


当社の社員からもブログで報告させて頂いていますが、私たちのように
いや言葉が違いますね。私のように年輪を重ねてくると、本当に住宅設備
の変わりようは凄いですね。

L+D+Kの考え方が昨今まったく変わってきたのを実感します。
奥様が炊事をする、といった概念などほんの一部になってしまいました。
家族そろって、わいわい賑やかに今日あったことや、明日の楽しみを語り
あう。
時には、ご主人が18番の手料理を作り、友人たちを招きパーティを開く。
本当に楽しそうです。

そんな時代の流れを感じながら、私自身も誰にも負けない自慢料理を秘かに
作れるよう研究しているのですよ。
ご披露できた暁には、報告しますので是非ご一緒に食したいですね。

近くにお越しの節は是非当社ショールームにお立ち寄りください。
心より歓迎申し上げると共にお待ち申しております。
 | ホーム |  page top