FC2ブログ

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

いよいよ太陽光発電設備を作ることにしました。

月日の経つのは本当に早い、光陰矢のごとし!!などと
のんびりと感想を言ってる場合でないですね。
6月も今日26日だから、あと4日で終わってしまいます。
既に、猛暑の夏が到来していますが、夏本番になります。
毎日暑い、暑いと夜のビールを楽しみにする毎日が直前です。
いや、この項撤回。
年中夜のビール始め晩酌の欠いたことが
前日痛飲し、二日酔いで体調の絶不調時以外ないのが実情で、
医者から教育的指導を受けているのが実態。
まぁ、そんなことは今日問題ではありません。

今月、11日に名大で「東日本大震災から学ぶ」をテーマに
震災関連シンポジウムがもようされ、出席させて頂きました。


福和先生のパワーポイントから


また24日には大府商工会議所にて、緊急「節電・省エネ
講習会」が開かれました。

省エネ講習会から

いろんなシーンで地震からの今後の対応や、身を守る方策を
聞かせて頂く講演会等が開かれています。
今朝の中日新聞日曜版にも
6.26中日新聞日曜版より

巨大地震について特集がありました。
そんなこんなで、明日来るかもしれない地震災害に備えて、
私たちは本当に準備を急がないといけないですね。

前置きが長くなりましたが、また地震と省エネ、そして自然
エネルギー利用の観点から、8月初設置を目指して会社屋根上に
太陽光発電設備を設置することにしました。
これから、随時その設置に向けての報告をしたいと考えています。

愛知県では既に48,000基の設備が設置され全国一という
ことです。
私はもっと普及すべきと考えています。
会社をあげて応援したいと思っております。
報告を楽しみにしていて下さいね。
スポンサーサイト

5月末の中国威海への訪問から

5月29日から31日まで中国の威海(ウェハイ)に行ってきました。
威海は山東半島の東端にあり=中国の東端に位置し、発展著しい都市
でした。
知る限り、中国全土で言える事ですが、市街地の至る所では集合住宅の
建築ラッシュで、見ただけでもクレーンの数は100を下らなかった
です。人口50万人の都市でですよ。
でもそれは市街地だけのことであり、威海の属する海岸線の延長は何と
1,000kmあるそうです。半島の先端ということもあってもその行政圏の
広さは半端ではないですね。日本の常識では考えられません。
名古屋から北海道までの距離に等しいわけですから。

また、韓国のインチョンから300kmしか離れておらず、その関係か
毎日空路便が通っていました。

今回の訪問は友人の会社が受け入れている、中国の研修生の派遣元の
会社での打ち合わせに同席させて頂く事が目的でした。
私どもの会社では事業の性格上、現状では研修生の受け入れは無理ですが、
将来何か参考になればとの思いから行った次第です。
研修生希望の20歳前後の子供たちは希望に燃えて、一生懸命日本語や
日本の慣習などを笑顔で勉強をしていました。

  笑顔で勉強する研修生

私たちも彼らが胸に抱く将来の夢の実現に、そして成長を願った瞬間
でした。

その後、成山トウという景勝地に出かけました。
驚いたのはその道中でした。
風力発電塔の半端でない数でした。
(日本に帰り、中国のその状況を調べたら、2010.03時点で何と
総発電量4182万kw日本の約20倍の規模のようでした。
単純に日本と同じ性能の発電塔とすると32,000基以上立っている
計算になりました。)
問題になっている、東京電力の現在の発電能力約4,300万kwまでの
総能力と同程度になっているようです。

  どこまでも続く、風力発電塔


  CIMG2200_convert_20110601202935.jpg

日本は大震災、原発で未曾有の危機にあります。
でもここでへこたれる日本ではないですよね。
世界があっと驚く復興を孫子のために成し遂げないといけないですよね。

菅総理への不信任決議で揺れている日本って外国人の目からは、本当に
滑稽に見えます。
少なくともホテルで見ていた外国の国際チャンネルからはそう感じた
ものです。
原発問題の終息。そしてこれからの近未来のエネルギー問題の克服。
風力発電などの再生可能エネルギー利用始めとして、新たな復興に
対して外国の人は本当に日本をよく見ていると思います。

滞在から改めて「もう一度日本は頑張らねば!!」という気持ちに
なりました。
皆で力を合せて、今こそ!!
 | ホーム |  page top