プロフィール

ケイ

Author:ケイ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

防災訓練と応急危険度判定士研修会の参加

9月1日の防災の日を前に私たちの住む大府市では、27日に
大府北中学校で地域防災訓練が1100余名の参加の下、実施
されました。

東日本大震災から、間もなく半年という時期でもあり、
参加の皆さんは真剣に訓練に参加してみえました。
私たちは市内の建設会社が組織する『大府市安全防災協議会』の
一員として、市議会の先生方、コミュニティや中学生の皆さん
と一緒に、自衛隊員の指導で水防訓練に参加させてもらいました。

  防災水防訓練参加者

川の濁流を想定し、参加者は額に汗が流れるのも忘れて一生懸命
土のうを作り、自衛隊員の指導の下、水防どてを築きました。

  市民中学生による土のう積み


  自衛隊の皆さんによる土のう積み指導


アメリカでも大統領始め東海岸の各州が一斉に非常事態宣言を発令した
ハリケーン「アイリーン」の被害を未然に防ぐ為に、多くの市民が
自治体配布の土のうを求めて長い列を作っていた姿を写したテレビ
に、私は自然の恐怖はどこででも起きるかも!!を今回実感しました。

たかが土のう、されど土のう で、地味だけど水害予防にとっても
重要な訓練だと感じた次第です。

いろんな訓練や体験コーナーがありました。
地震で建物が倒壊したことを想定し、屋根を壊し被災者を救出する訓練。

  家屋からの被災者搬出訓練

 災害がないことを祈るばかりでした。

今回のブログも長くなってしまいました。

関連で私は日曜日をはさみ、29日に岡崎で開催された、
『応急危険度判定士』の講習会にも参加してきました。

この判定士とは、いざ地震が来て、建物が倒壊などした時、
建築士や自治体の関係者が2次災害を受けないよう、
被災建物の安全度を一定の基準でランク分けをする、
県知事の登録したボランティア組織の活動員なのです。

いつ来てもおかしくない、東南海地震に備えての会なのです。
東日本で安全神話は原子力・津波でことごとく打ち砕かれ
ました。

今日は詳しく書けませんが、名大の森保宏先生からの講演は
今回非常に参考になりました。

  名大 森 保宏先生によるリスクの視点で考える 建築物の耐震安全性


実効ある耐震化戦略のため、段階的耐震改修への補助を含め、
倒壊危険水準の考え方を見直しての耐震改修策は、
地震リスクマネジメントとしてとても考えさせられました。
官民とも、限られた資金を如何に使っても最大限の安全
は得られません。限られた費用でその効果を大にさせるため、
リスクを『はかる』か考えさせられました。


スポンサーサイト

太陽光発電システム

お盆も過ぎてしまいました。
昨日夕方の雨は少し夏の熱気を追い払うとても
貴重な雨でした。本当にこのところの暑さには
ヘキヘキですね。

明日18日から私共の会社も本格的に再始動ですが、
今日も一部の現場では仕事をさせて頂いています。
もっとも道の車の通行量も少なく、会社への電話も
少なく、きっと明日から業務を始める会社が多いので
しょうね。

さて先月お伝えした、会社事務所の屋根に載せる
とお伝えしていた太陽光発電システムも10日から設置
工事が始まりました。

  CIMG2419_convert_20110817121429.jpg


お客様にお薦めする以上、実際の発電状況をその場でご覧に
なって頂かないといけませんよね。
と同時に、再生可能エネルギー利用、Co2削減という
昨今の時代の流れに協力せねば  という私自身の思いから、
設置する事にした訳です。

今回 Panasonic の太陽電池モジュールHIT230
シリーズのパネルを設置しました。1枚のパネルが230W
(公称最大出力)発電するということです。

  CIMG2424_convert_20110817121545.jpg


  CIMG2427_convert_20110817121635.jpg

それを43枚設置したので、合計9.89Kwの「発電所」
が出来たのです。

  CIMG2428_convert_20110817121722.jpg


ただ、建物の立地が東向きなので、南向きより効率は
落ちるようですが、それでも年間10,614kwh/年
の発電をしてくれるということで、その発電結果が
今からとても楽しみです。

また次回、工事の様子などをお伝えしたいと思います。

来週くらいから、少し涼しくなるようです。
今しばらく暑さに負けないように頑張りましょう


 | ホーム |  page top