FC2ブログ

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

草魂

久しぶりの更新になってしまいました。
本当に月日の経つのは早いものです。

前から書こう書こうと、思っていたことがありました。
春のこの時期、草がどんな所にも凄い生命力ではえています。
私はこのような草を見て、いつだったか商工会青年部時代岐阜グランドホテル
での講演会で聞いた「草魂」そうこん という、言葉を思い出します。


それは、多分25年くらい前の話しだったかと思います。
当時、プロ野球パリーグ・近鉄バッファローズで300勝記録を持つ、
鈴木啓示投手の1985年選手引退後の岐阜での講演会タイトルだったのです。
その後1993年から近鉄の監督をしているので、多分この間に聞いたのでしょう。
若い人はきっとこの鈴木選手を知らないでしょうね。

参考のためにこの鈴木投手をあとに、300勝を記録している日本選手は皆無です。

1位、金田 正一 400勝(1950年-1969年) 944登板 298敗
2位、米田 哲也 350勝(1956年-1977年) 949登板 285敗
3位、小山 正明 320勝(1953年-1973年) 856登板 232敗
4位、鈴木 啓示 317勝(1966年-1985年) 703登板 238敗
5位、別所 毅彦 310勝(1942年-1960年) 662登板 178敗

もの凄い記録ですね。

前置きが長くなってしまいましたが、
この時聞いた、「草魂」の言葉が私には忘れられない言葉となっています。

どんなに踏まれても、踏まれても決して枯れない。
どんな悪環境下でも頑張って花を咲かす。


そして、その頃鈴木投手が話していたキャッチフレーズ「人生、投げたらアカン」
という話題になっていた言葉が、昨日のように思い出されます。

そんなこんなを思い出しながら、会社の裏の道路などに育つ草を抜いていました。


  道路のアスファルトからの草


  ヒメキンギョソウ!?


  タンポポ風名前?

本当にこの時期、あっという間に草が芽吹き、大きくなってしまいます。
小さい時にすっと抜くのが、自分にとってストレス解消手段にもなっているんです。

でも、抜くに抜けないきれいな花を咲かす草もあります。
ハコベやカラスノエンドウ。そしてカタバミ。こいつは可愛い花を咲かせるけど、
際限なく繁殖するというか、増え続けてしまう。

いつだったか中日新聞の中日春秋にこんなコメントがありました。

雑草という草はない。昭和天皇は語られたそうです。
どんな植物でも、みな名前があって、それぞれ自分の好きな場所で生を営んでいる。
人間の一方的な考え方でこれを雑草として決め付けてしまうのはいけない、と。

鈴木啓示投手の語った「草魂」の本心はこの意味でよかったのでしょうか!?







スポンサーサイト
 | ホーム |  page top