FC2ブログ

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

3.11


早いもので、今年も 3.11 が来ます。
2011年から早4年が経過しようとしています。

マグニチュード9.0 、 最大震度 7
地震による直接死者 15,900人 、行方不明 2,600人近い方々が出るという、
大災害があったあの日をずーっと忘れずに、この国で生きる一人として、伝え続けないと
いけないのに、人の性で、「忘れてしまう」 現実はとっても怖いものです。

3.11を前に、恐怖を思い起こしてくれた機会がありました。
3月7日(土)に大府市勤労文化会館で、国際ソロプチミスト愛知ガーデニアの10周年
記念事業として開催された、
あの日を思い出させる、劇を観覧する機会に恵まれました。

いつもお世話になっている、山田さんが本当に一生懸命に、この日の為に準備されていた
姿にも感銘していました。
と同時に、主演の河北新報社キャップを演じる、地元大府の鈴木林蔵さんの渾身の演技に
感銘を受けました。

地震あとの津波災害にかかる、人々の生きざまの劇だったわけですが、そこでの被災者の
人々の 「生きる」 ための死闘の様子が、とてもリアルに表現され、生きられたという実感を
感じられた瞬間表現の際など、本当に幸せの涙を共有した気がしました。

この先、必ずやこの地にも東南海地震が起きると云われています。
その時、どうして生き残るかを今後忘れることのなきよう、注意していくことこそが、私たちの
責務だと改めて思います。

「注意1秒、けが一生」 では済まされない、地震国日本の国民の一人として。



スポンサーサイト
 | ホーム |  page top